洗濯槽洗浄⑥。

洗濯槽洗浄

前回5/18にやった洗濯槽洗浄。

次回は9月に、と言っていましたが。

今まで大体4ヶ月サイクルを死守してきましたが。

4ヶ月でも空き過ぎかしら、もっと短いサイクルにした方がいいかしら・・なんてほざいてましたが。

が、が、が。

今回実施は12/6。

前回から6ヶ月半も空いてしまいやした。。

洗濯槽クリーナーは在庫2袋もあったくせに。

だからこれは間違いなく、ただただ私の怠慢です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

うちの洗濯洗剤

我が家、水温がそんなに低くない季節の洗濯は昔懐かしの粉せっけん。


そよ風 2.16kg

これ使ってます。

洗濯機の水が冷たくなってきたらって、私の皮膚感覚に一任してるので明確な水温基準はありゃしません。

私の皮膚がひゃっこい!と感じたら、液体せっけんにバトンタッチ。

(粉せっけんだと水に溶けにくくなるため)


そよ風 花束の香り 1.2L

粉せっけんは昔懐かしの石鹸のにおいしかしませんが、液体せっけんの方はほのかに香るのでそれはそれで好きです。

でも洗浄力だけ見れば粉せっけんの方がいいみたいですけど。

お世話になり始めてから、もうかれこれ4年目突入です。

ということは柔軟剤を使わなくなって4年目突入です。

4年前はフレアフレグランスとかレノアあたりのニオイが好きでよく使ってました。

使わなくなったキッカケは息子の大好きな枕でした。

話が逸れましたが、前回洗濯槽洗浄した5月以降はまだまだ水温が高かったので、粉せっけん。

心のどこかでは「石鹸カス溜まってんだろうなぁ。早く洗濯槽洗浄しなきゃな~。」でした。

なのに、サボタージュしました。

どーも、サボさんです。

12/6、重い腰をあげる

いつもは洗濯槽洗浄コースなので、洗濯機にロックがかかって中が見れないんですが、一時停止ボタンを押せばロックが解除されて中身が見れることに今回初めて気づいたので(え?)、途中で蓋を開けてみたんす。

そしたらやはり6ヶ月半空けたなりの汚れでしたね。

黒カビらしきものは見当たらなかったんですが、やっぱり石鹸カスのような白いカス。

たぶんあれ石鹸カスです。

そして水は結構濁ってました(おぇ)。

洗浄が終わって、糸くずフィルターも掃除したわけですが、間違えました。

久々で間違えました、手順。

前回、糸くずフィルターの汚れにビビり、予定より早く洗濯槽洗浄したわけですが。

今回も糸くずフィルターもまとめてキレイにしたかった。

なのに、糸くずフィルター内に溜まったクズ達を出さずに洗濯槽洗浄しちまったのですね。

出してから洗浄すれば、糸くずフィルター内の隅までキレイになったのに・・・。

洗濯槽洗浄、今回の手順

使うのは毎度毎度これです。

朝、前夜お風呂に入った時のお湯を44度設定で追い炊き。

※50度以上のお湯は使わないようにとの注意書きがあります。

30~40度のお湯で・・・と書いてありましたが、もう少しあったかい方が効くような気がして勝手な温度判断です。

本当はここで糸くずフィルターに溜まったクズどもを(どんどん言葉が汚くなっていますね、6ヶ月半も空けた洗濯槽の汚れのようだ)、取り除くべきでした。

追い炊き完了したら洗濯機の風呂水注入ホースで風呂水を入れ、クリーナーを入れ、洗濯槽洗浄コーススタート!

今回も漬け置きMAXの9時間設定で。

19時頃、終了!

糸くずフィルター内掃除。(ここじゃなかった)

それから何も入れずにいつもの標準コースで洗濯槽をジャブジャブ。

確認!

ぬぬぬ!

今回はあの白カスがしぶとい・・・。

3回くらい標準コースを繰り返しやりましたが、なかなか白カスがいなくなりません。

今回ムダに洗濯機回し過ぎて、水道代上がるな。

夜も遅くなってきたし、もう一度明日の朝回してみて石鹸カスなくならなかったら、塩素系クリーナー試すか・・ってことでこの日は終了。

塩素系にすれば良かった

翌朝、もう一度回してみるも、白カス消えません。

いつだったか、黒カビピロピロがなかなかいなくならなくて、もう一度洗浄したいのに近所のドラッグストアに酸素系クリーナーがなく、仕方なしに塩素系でやり直したら黒カビピロピロいなくなったのを思い出しました。

いつも使ってるクリーナーは酸素系ですが、酸素系と塩素系の違いって?ですよね。

簡単に言えば、

酸素系は汚れを剥がす、

塩素系は汚れを分解する、

だそうです。

一番良さそうなのは、酸素系で汚れやカビを剥がし、その後塩素系で残った汚れやカビを分解・殺菌。でしょうね。

でもこまめにやってれば酸素系でもいいかな~なって長らく酸素系でしか洗浄してませんでしたが、やっぱり半年以上空いたから塩素系の力も必要だったのかもしれません。

それで近所のお店に塩素系を求めて行ったら。

そこには塩素系と酵素系があるではありませんか。

漢字、よく見て下さいね。

酸素系ではありません、あったのは「酵素」系です。

「こうそ」です。

(いつも使ってるのは「酸素」系、「さんそ」です。)

私、迷いました。

求めていた塩素系は目の前にあるのに、新しく目に入ってきた「酵素」に惹かれてしまったんです。

下調べもなしに、衝動的に「酵素」系を買ってしまいました。

そういえば、恋も衝動的に動いた男に痛い目に遭う。

そんな経験値もあったはずなのに。

結果、求めていた結果は得られませんでした。

やっぱり脇目も振らず、最初に求めていた塩素系イケメンにするべきでした。

でもいつもの安定の「酸素系」、さんそ系もしたし、加えて「酵素系」、こうそ系もしたし、もういっか。

洗濯機回しすぎたし、何より私、なんか疲れたし。

今度こそはサボさんにならず、4ヶ月後の4月にはやろう。

その時は、手順も間違えず、糸くずフィルターの掃除をしてから、洗濯槽洗浄をしよう、そうしよう。

使わなくなったキッカケ

関連記事

直接肌に触れるものだから。

糸くずフィルターの汚れにビビり

関連記事

洗濯槽洗浄⑤。

仕方なしに塩素系でやり直したら黒カビピロピロいなくなった

関連記事

洗濯槽洗浄①。

他、関連記事

洗濯槽洗浄②。

洗濯槽洗浄③。

洗濯槽洗浄④。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)