手指消毒は何のため。

手指消毒

この季節、インフルや感染性胃腸炎が流行るので玄関に手指消毒液を設置。


帰宅すると靴を脱ぐ前にシュッとやります。
保育園で菌をもらってくる可能性が高い息子もシュッ。

最初は息子も「これなぁに?なんでシュッてやらなきゃいけないの?」と不思議そうでしたが、シュッとやるのも楽しいのか、玄関に入る前から「シュッてやらなきゃ!」と言います。

先日、じぃじばぁばが来てくれた時も、息子は例に漏れず「シュッてやるんだよ!」と。

じぃじが「手を洗うからいいよ」と言うも

「シュッてやらなきゃダメ!」と言い張ります。

「ちいを守るためにやるんだよ!」

と。

最初、なぜシュッとやらねばならぬのか?という息子の問いに。

赤ちゃんがバイキンマンと闘えなくて病気になっちゃったら大変。
だから、たろうやパパとママがお手手についたバイキンマンをやっつけておいてあげないとね。

と説明してました。

その説明を「ちいを守るため」と理解していたとは。

それを帰宅した夫に話したら。

「息子にそんなん言われたら、やらないわけにいかないやんけ~」と。

やってください。

言われなくてもやってください。

ちなみに設置した消毒液はインフルやノロなど、幅広く対応してるもの。

ノロやロタには一般的なアルコール消毒剤は効かないらしいので普通のではダメだよなぁ…と探してみたらありました。

効き目がいかほどかは分かりませんが、どうか胃腸炎を持ち込みませんように…という願いを込めて。

(これがばぁばの家にもあればもしかしたらインフルにならなかったかもしれないのに…。)

それでも万が一感染してしまった時のお守り代わりにこんなものも購入。

その名もオウトロック。

嘔吐ロック!

嘔吐してしまったところにこれを振りかけて約1分で吐しゃ物が固まりパサパサになり、片付けが楽になるというもの。

除菌、消臭の効果も。

お世話にならないのが1番ですが、あると安心感が違います。

お守り、お守り。

(これがばぁばの家にもあればもしかしたらインフルにならなかったかもしれないのに…。)
関連記事
インフルエンザとインフルエンザと溶連菌。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)