いつまで息子と手を繋いで歩けるのだろう。

手を繋ぐ

毎日の保育園の送迎。

自転車通園だったのが、娘が生まれてから徒歩通園にしています。
娘抱っこ紐で息子と手を繋ぎ。

結構いいものです。

自転車だと速くていいのですが。
徒歩だと「寒いね」とか「いい天気だね」とか「あ、あそこに猫いるよ」とか「これなあに?」とか、ゆったりと進む時間の中で顔を見合わせていろんな情景を見つけられるし、手のぬくもりも感じられるし。

そんなある朝、ふと思いました。
男の子と手を繋いで歩けるのはいつまでなのだろう、と。

きっとそのうち、お友達との世界が広がって、「恥ずかしい」とか言って手を繋いでくれなくなるんだろうな、と。

小さくて、もみじ饅頭みたいにぷっくりした可愛い手を繋いで歩けなくなるのは寂しいな、と。

今は外を歩けば手を繋ぐのが当たり前で、何も言わなくても私の手を求めてきてくれるのが愛おしくて。

何も言わなくても手をグッと差し伸ばせば、反射的にパッと繋いでくれる無償の安心感があって。

それもいつかは、成長につれてなくなるんでしょうね。
さみしいなぁ。。。

そこで聞いてみました。
というか、呟いてみました、聞こえる声で。
「いつかたろうがママと手を繋いでくれなくなる日がくるのかなぁ~」

すると息子、
「来ないよ!」とさわやかな笑顔で答えてくれました。

「たろうはね、ずーっとママとお手手繋ぐんだよ。だってね、ママのこと大好きだから。」

これには私も伸びちゃう、鼻の下が。
デローンって。

でもこれもいつまで言ってくれるのー!小さい恋人さんよ。

そして息子、私に問います。
「ママ、パパとお手手繋ぐと嬉しい?」と。

むむむ。

「う~ん、そういやパパと随分手繋いでないな~。」

「なんでパパとお手手繋がないの?ねぇ、パパとお手手繋いだらママ嬉しい?」

「うん、嬉しk・・・うれしいよ!」

と、言ってみた。

子どもが生まれてから、手を繋ぐことなんてなくなったなぁ(遠い目)。

子どもが歩き始めたら、それこそ手を繋ぐ対象は子どもになって、夫と手を繋ぐことなんてなくなったなぁ(遠い目)。

昨年末、歩いてる時にふと手と手が触れ合ってしまった時があったけど、お互い
「おっと、失礼。」だったなぁ。

やばいなぁ、これもう熟年夫婦の域。
いや、ご年配のご夫婦の方が仲良く手を繋いでたりする・・・?

男女の仲ってライフステージで変化していくものですね。
(こんな風に思ってた時もあったようです。 センチメンタル。 初々しい・・・( *´艸`))

同じような子育て世代のご夫婦は、手を繋いでるんだろうか。。。
ふとそんな疑問が。

もっと手を繋いだ方がいいのだろうか。

いやいやいや、話がズレている。

息子との愛おしいお手手繋ぎの話だった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. トシカズ より:

    おはようございます。
    私は、小学校何年生かな?手を繋がなくなったのは。
    でもそれが自然かもしれないですね。
    応援していきます。

  2. なおさん より:

    やはり小学生くらいまででしたか…(^-^)
    それくらいが自然ですよね。
    手を繋げなくなるのが寂しい思いと、いつまでも繋いでいたら不自然だという思いと、複雑な母心です(^^;)
    応援よろしくお願いします!