時短、メイク。

時短、メイク

仕事復帰を機にメイク道具を買い換えました。


結果、4分程度短縮。

今まではこんな感じ。
①洗顔

②化粧水

③乳液兼ねた化粧下地

④リキッドファンデ(手塗り)

⑤お粉(筆塗り)

⑥アイシャドウ グラデーション1

⑦アイシャドウ グラデーション2

⑧アイシャドウ グラデーション3(まぶたのところ)

⑨アイライン

⑩眉毛

⑪チーク

といった11工程。

今はこんな感じ。
①洗顔

②オールインワン化粧水

③日焼け止め・下地兼用のBBクリーム(スティック一体型&パフ塗り)

④お粉(ブラシ一体型)

⑤アイシャドウ(単色)

⑥アイライン

⑦チーク(ブラシ一体型)

⑧眉毛

といった8工程。

4工程削りました。

しかもスティック・ブラシ一体型をいくつか取り入れてみました。

時短、メイク

 

前左端:アイシャドウ(単色)、しかもケースなし・チップなしの指塗りなのでサササのサ。

その隣:BBクリーム
塗り心地もスルスルで手も汚れず、スポンジでちゃんと馴染むのでお気に入り。
スティック直塗りなのでサササのサ。
BBリキッドバー

後ろ左端:チーク(ブラシ一体型)
フタ閉めたまま2~3回クルクルして塗る×2なので、一体型か否かで時短の感覚あまりなし。
トゥルーチーク

その隣:ブラシ一体型パウダーファンデ
フタ閉めたまま手の平に叩きつけて粉をブラシに出して塗るので、これも時短の感覚あまりなし。
オンリーミネラル

コップの中左端:BBクリーム用スポンジ

その隣:眉毛

そのまた隣:アイライン

結果、時短に貢献してるのはスティック型BBクリーム単色アイシャドウのようです。

今までの、リキッドファンデを手の平に出し、指で顔各所に置き、手で伸ばす→手も広範囲が汚れる。

今は、ふた開けて顔各所にスーッと伸ばし、スポンジでサササのサ。
手も汚れなし。

アイシャドウは単色を指で重ね塗りなので、色味の違うグラデーションを小さなチップを持ち替えて塗るより断然早い。

洗顔時間含め平均8分で仕上がるようになりました。

仕事復帰してから、子供のこと含め何かとやることが増えたので、この数分の短縮は大切です。
面倒に感じてた化粧も少し気が楽になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)