息子の親育て【3歳7ヶ月】。

息子の親育て

つい、怒ってしまう

分かっちゃいるんだけど。

つい、声が大きくなってしまう。

余裕がないと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

成長の証なのに

生後9ヶ月の娘、成長につれて声が大きくなってきました。

声色で感情を上手に表現できるようになってきました。

肺活量、増えてんだな。

いろんな感情、抱いてんだな。

喜ばしい成長の証なんだけど。

疲れていたり、心配事があったり、嫌なことがあったりする時に「ぎゃおーーーーっ!」と泣き喚かれると、つい、瞬発的に怒ってしまう。

赤ちゃんに罪はないのだ。

なのに、だ。

そんな夜があったんです。

妹の盾になる息子

「ママ!怒らないで!」

母、ハッとしながら聞いてみる。

「なんで?」

「赤ちゃんだから。」

母、アドバイスを求めてみる。

「じゃあ、どうしたらいい?」

「・・・・・。

やさしくおこって。

赤ちゃんだから、やさしく言わないとわからないよ!」

母、レクチャーしてもらってみる。

「どうやって言うの?」

息子の親育て

「だぁ~めぇ~よっ(*‘∀‘) 

って。

ね?分かった?分かったらハイッて手あげて!」

「ハイッ!( ・・)/」

母、何度か娘に言ってみる。

「だぁ~めぇ~よっ」

「1回でいいから!( `ー´)ノ」

と素早いツッコミ。

さすが大阪人の血が入ってるだけあるな。

母、しつこくもう一回言ってみる。

「だぁ~めぇ~よっ」

「1回でいいから!( `ー´)ノ

もう4回言ってるから!

(きっかり数えてやがったな)

もう8回言ったら、たろう、ママのこと怒るからね!

110回言ったら、もっと、ずっと怒るよ、大きい声で!

分かった?」

ハイ。

(110回も言わないけどな。)

「分かりましたかっ!」

ハイ・・。

(心、読まれたか)

子育てならぬ、親育てをされてます。

でも息子、正しいです。

ちゃんと大切なこと、分かってるんだなぁ。

私も分かってるはずなのに。

まだまだ私も親になる途中です。

関連記事

母、叱られる。【3歳1ヶ月】

妹は僕が守る。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)