生理用ナプキンは体に優しいものを。

生理用ナプキンは体に優しいものを

ナプキンなら何でもいい

そう思っていた数年前。

ただでさえ憂鬱なあの月1業務をなんとか少しでも楽しめないか?と、私は常に昼用ナプキン3種類、夜用ナプキン1種類をストックしてました。

せめて「ナプキンを選ぶ」という楽しみくらいあってもいいだろう、と。

買い足す時の気分次第でベンチ入りの選手が決まるので、本当にたくさんのナプキンを使ってきたと思います。

車窓から流れる景色を眺めるがごとし。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

きっかけは第1子出産

これをきっかけに私の中でいろんなアンテナが反応し出しました。

「家族の体にできるだけ優しいものを選びたい。」

柔軟剤もやめました。

洗濯洗剤も石鹸洗剤に変えました。

歯磨き粉もフッ素の入っていない石鹸歯磨き粉に変えました。

食器洗い洗剤も変えました。

ボディソープも変えました。

料理油も変えました。

他調味料も、原材料がシンプルなものに変えました。

そしてナプキン。

吸水ポリマー不使用のナプキンに変えました。

できるだけ体に優しいと「私なりに調べて感じたもの」に変えました。

経皮吸収って何よ?

ふと目にした「経皮吸収」。

なにそれ?

ナプキンを変えるきっかけはこれでした。

其の名の通り、皮膚から吸収する物質があるってことでした。

口から体内に取り入れた有害物質は約90%は体外に排出されるそうです。

でも皮膚から吸収された有害物質のうち、体外に排出されるのは約10%。

残りの約90%は体内に蓄積されるらしいです。

そら~、てぇ~へんだ!

でも本当に皮膚から吸収されてんの?

専門的に学んだわけでもないので、大体いつも半信半疑です。

私の母はきっとそこまで気を遣って生活用品使ってなかっただろうなぁ。

でも私、それなりに健康に生きてるしなぁ。

皮膚から吸収されて蓄積するっていっても、そんなに気にしなくてもいいのかなぁ。と。

いや、でも。

どのみち半信半疑なら、少しでも安心な方を選んでおけばいいのでは?

というわけで、我が家では私の独断と偏見により、どんどん日用品がシンプルで安心なものに変わっていきました。

そこで気づいたのは「あれ?なんか昔っぽくなってる」という時代への逆行感。

シンプルなものに変えると、昔ながらの商品に戻ってる感覚になります。

懐かしい感覚にさえなります。

そんな中、息子がひどい咳が続き、病院で出されたホクナリンテープ。

これを胸や背中に貼ることで気管支が広がり楽になるとか。

「こんな小さいシール貼るだけで気管支が広がるなんて、医療ってすごいなー。」

・・・・・。

( ゚д゚)ハッ!

これって、皮膚が薬を吸収して効くってことじゃん!

こんな小さいシールからでも効くって、経皮吸収ってやっぱりあるんじゃん!

このホクナリンテープの一件から、やっぱり肌に触れるものは優しいものにしようと改めて思ったのでした。

経皮吸収率

そんなものがあるらしいです。

腕の内側の吸収率を1倍として・・・

足の裏 0.14倍
手の平 0.83倍
背中 1.7倍
頭皮 3.5倍
脇の下 3.6倍
6倍
頬・あご 13倍

そして性器・・・

42倍!

他の部位の比にならない。。。

ならばやっぱりナプキンも優しいものを。

使っているナプキン

私は専らこれです。


昼用 羽つき 16個入


昼用 羽なし 24個入


夜用 羽つき 10個入

日本で医薬部外品として承認されているナプキンの中で、初めて「コットン100%のトップシート+高分子吸収材不使用」を両立した商品だそうです。

★詳しい商品情報はこちら

経皮吸収のことがあるので直接触れる素材が体に優しいもの。

そして体を冷やすらしい吸収ポリマーを使っていないという点。

私、12~13歳くらいの時、ナプキンの構造が気になって、使ってないナプキンに水を浸み込ませ、表面を破って中身の吸収ポリマーを触ったことがあるんです。

その時、なんだかヒンヤリしてるなぁと感じたのを思い出しました。

確かにこのナプキンは経血吸収した後もヒンヤリ感を感じないです。

生理2~3日目は羽つき、それ以外は羽なし、で使い分けてます。

夜用は、市販のナプキンでよくある「伝い漏れ防止」の出っ張りというか膨らみがなく、ただただ平坦なナプキンなので初めは何度か伝い漏れして「うげ!!」ってなりました。

今は夜用をグッと股に挟み込むようにして寝てます。

というか・・・

ナプキンを変えてからの体の変化

まず経血の量が減ったんですよね。

ケミカルなナプキン使ってた時は結構な経血量だったんです。

でもナプキンを変えてから経血量も少し減った感じがするので、漏れることもそんなになくなりました。

あと生理痛。

大学生の頃は特に生理痛が激し過ぎて、痛み止めの薬を飲んでも授業中は机にうずくまってました。

それが今は「あ・・・ちょっと痛いかなぁ」って時もあるんですが、生理痛を忘れてることの方が多いです。

そして生理周期。

以前は結構バラバラで妊活サイトやアプリに生理周期を入力する時、おおよその平均周期を取っていたのが、今はきっかりほぼ狂いなく生理がやってきます。

おかげで先月の夫の実家帰省でも、今月の実家宿泊でも、ナチュラムーンをちゃんと用意して行けました。

※メジャーなナプキンと違って、どこのドラッグストアにも置いているという商品でもないので・・

最後に生理日数。

以前はダラダラと出血が続き、8~9日間くらいは生理期間でした。

今は5~6日間でスッと終わります。

不思議です。

これがナプキンを変えたことが関係しているのかは定かではありませんが、自分の体の変化って自分が一番よく分かりますよね。

なので、これをずっと使い続けています。

もう1つ気になってたナプキンを使ってみた


オーガニックコットンナプキン 20包

近所のドラッグストアでたまたま見つけて。

まだたったの1個しか使ってませんが、使用感はふわふわで気持ちいいです。

近所のドラッグストアに置いてあるし、ちょっと心揺れるな~と思ったんですが、トイレに行ったらナプキン自体が中央によれて、少し横漏れしかかっていたので、やっぱりナチュラムーンなのかもしれません、私は。

吸収ポリマーの使用も「最小限に抑えました」とあったので、不使用ってわけではないんだなぁと。

でも肌触りは好みでした。

産後の生理開始

第1子は完全ミルクだったので、産後2ヶ月半で生理再開。

第2子は完全母乳なのに、産後4ヶ月で生理再開(゚д゚lll)

授乳中は生理がこないと思ってたので、かなり損した気分・・・

でもまた子宮が通常運転できるまでに回復してきたのだ、とポジティブに考えることにしました。

体ってこうやって素直に変化してくれると改めて「不思議だなぁ、神秘だなぁ」って思いますね。

関連記事

直接肌に触れるものだから。

料理油はアボカドオイル。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)